読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

2歳児の悲しいという感情のバリエーション「ばぁば帰っちゃやだーっ!!泣」が発動

【スポンサーリンク】

こんにちは、新米ママのtononecoです。先週末、わたしの実家から母がひさしぶりに遊びに来て、数日わが家へ滞在して行きました。隣県にある実家からは電車で乗り継ぎがよくても2時間半、車ではそれ以上かかるので、普段からそう頻繁に行き来することはできません。

f:id:tononecoweb:20170318003106j:image

ひさしぶりの再会にべったりの孫とおばあちゃん

母が自分の孫に会うのは昨年末の帰省以来、むすめも常に構ってくれるばぁばが来てくれて相当嬉しかったらしく、母が滞在の間ふたりはべったりでした。
むすめは母を連れ回しながらさんざん遊んでもらって、還暦を超えた母は老体にムチを打ちながらも目尻は下がりっぱなしという微笑ましい状況◎
その間わたしもいつもよりチカラを抜いてゆっくりさせてもらい、英気を養うことができました。

あっという間にお別れ

金曜の夜に着いて2泊、日曜の午後に母は帰っていきました。タイミング的に母の帰る時とお昼寝の時間が合ってしまい、むすめがウトウトしている時に「じゃあもうすぐばぁば帰るからね、ばいばい。」と母はむすめに名残惜しそうにお別れを言っていましたが、むすめの方は眠いしあまり実感がないらしく、ぼんやりと「…ばいばーい」と言っただけで、そのまま寝室に行きお昼寝しました。

目覚めてからこみ上げる悲しみ…

平穏にいったかに思えたお別れだったのですが、目覚めてからが大変でした!
あらためて、「さっきばぁば帰っちゃったね。」と言うと、寝ぼけまなこにハッとした顔をして「うわあぁぁぁぁ〜〜ん!!!」と、ものすごく辛そうな顔で泣き始めてしまいました。

いつもとは違う涙の理由

むすめはわたしと一緒に実家に帰省した際などにも、今までに何度となく「おじいちゃんおばあちゃんとの別れ」は経験していています。今まではまだまだ基本ママがいれば何でもOKな状態だったからか、そこまで悲しそうにしていたことは無かったのですが…。今回はちょっと様子が違っていました。
それほど、ばぁばが帰ってしまった、ということが悲しかったようです。
しかも普段の、うまくいかない!とか、思い通りにならなくて泣くのとは違う、「ばぁばがいなくなっちゃって悲しい」という感情で泣いているので、いつもの泣き方と違っていてこちらもドキマギしてしまいました。どのようになだめていいかわからず、とりあえず「さみしいね〜また遊びに来てもらおうね」と声をかけながらぎゅっとしてあげるしかできませんでした。
その後、落ち着いてからも思い出してはまた泣きそうになって顔を歪めていて、またそれを我慢していたりして本当にいじらしかったです。
その様子を母も見たかったろうなと思い、泣き顔をこっそり激写してメールで送りました。すぐに返信が来て、やはりまんざらでもない様子でした。笑

さみしいと感じるくらいの距離感がちょうど良い

わたしも母の滞在中楽ができる、母もむすめも仲良くしている、嗚呼、みんななんてハッピー!!!と思える数日間でした。(夫にはすこし気を遣わせてしまっているのですが(^^;;)
けれどこれって絶対、普段会っていないからこそなんですよね。もっと近所に住んでいて頻繁に交流があったらきっとこうはならない。うんうん、やっぱり程よい距離がいいな〜と思いました。

というわけで、むすめにとって初めての「さみしい、悲しい」という感情の涙だったわけですが、親としてはとても成長を感じる出来事でした。こうして徐々に世界を広げ、むすめが個人として社会やほかの人々と繋がっていくのだなぁと思うと、ほんのすこしさみしい気もしますが、とっっても素晴らしいことです◎

前回の記事について、感謝と謝罪

まず、ありがとうございました!!

前回のむすめのイヤイヤ期に余裕の持てないわたしの愚痴的記事に、たくさんの共感のコメントありがとうございました!やはり「うちの子のことかと思った!」とか「わたしも同じです」と言っていただけると、ひとりじゃないんだなあと思うことができてとても心強かったです。同じ子育て中の皆さん、頑張りましょうね◎

そしてごめんなさい。

それから謝りたいのが、「この先わが子が迎えるイヤイヤ期…大丈夫か不安」とコメントを下さった方もいて、なんだかとても不安を煽るような記事になってしまったことを反省しました。イヤイヤ期を迎える前からそれを不安に思うことは時間が勿体無いと思いますし、いざその時期が始まってからもまったくお子さんに毎に程度が違ったり、親御さんによっても受け止め方が違うと思うので、気に病むだけ損です!なのでわたしの愚痴に影響されてネガティヴな先入観を持たないでほしいと思いました。ほんとに、あんな記事書いておいてなんなのですが…(-_-;)
大丈夫です。たとえイヤイヤ期でも、わが子は変わることなくとびきり天使ですから!!!特に、寝顔とか!笑