読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

2歳女児を物で釣って褒めちぎって攻略した話と魔法の使える夫

【スポンサーリンク】

こんばんは、新米ママのtononecoです。つい先日子どもの発達で悩んだことと解消された時期についての記事を書きましたが、最近またふたつ解消された悩みが!

(今目下の悩みはむすめが「バカ」という言葉を覚えてきてしまったことなのですが、それはまた別の話。。)
2歳女児の攻略法は「物で釣る」ことと「褒めちぎってその気にさせる」こと!このふたつで決まりです。笑

あんなに嫌がっていた歯みがきをやらせてくれるように

むすめも2歳を迎え、もう立派な奥歯が生えています。それなのに歯磨きは大嫌い!

いつもなんとか説得して押さえつけて、抵抗されながら無理矢理歯磨きをする…。そんな時期がつい先日まで続きました。
正確に言えば今も好きではないのでしょうが、少し前に奥の手を繰り出したことにより歯磨きというミッションをだいぶスムーズに遂行できるようになったのです。
その奥の手とはこの2つのアイテム!

  • ジェル状歯みがき
  • ハキラ

です。どちらも薬局などで手に入りやすいと思います。

f:id:tononecoweb:20170210223444j:image

ジェル状歯みがき

このピジョンのジェル状歯みがきは、どうやら美味しい味がするらしく、それを歯ブラシにつけるとパクッと口を開けてくれます。でも味わいたいらしくブラシ部分を舐めようとするので舌がだいぶ邪魔なのですが。笑

ハキラ

ハキラは歯みがき後の仕上げ+ご褒美的にあげています。こちらも美味しいみたいです。なんでもない時(歯みがき前後じゃない時)に「ハキラたべる〜」となるので、「ハキラは歯磨きの後ね!」といって特別感を演出しています。

まんまと物で釣られています。笑 今でも気乗りしない時は抵抗されますが、以前よりも全然聞き分けがよくなりました!このふたつのアイテム、もっとはやく投入しておけばよかったです。

髪を結ぶのを断固拒否だったのが、かわいいと褒められてお姫様気分に

むすめはけっこう髪が伸びるのが早い方で、少し前から自分でも顔周りの毛をうっとうしそうにしていました。
なのでゴムで結んであげようと何度かトライしていたのですが、全然ダメ。気になるようですぐに自分で取ってしまっていました。けれど最近、「お姫様=かわいい、素敵、おねえさん」というような概念を会得したらしく、髪を結んでから「わあ!かわいい!お姫様みたい!」というベタな褒め方にまんざらでもない様子。笑

念のため言っておきますが、親としては本当にお姫様のように…いや、お姫様よりもかわいいと思って褒めちぎっています◎
2歳ながらなんとも言えないはにかんだ笑顔で、結んだ髪をちょっと触ったりしていて気に入っているようです。それまでの拒否が嘘のようにすんなり受け入れてくれるようになりました!

f:id:tononecoweb:20170210223543j:image

思わず買ってあげてしまった髪ゴムセット( ˆoˆ )/保育園にはつけて行けないけど、大のお気に入りです◎

 こんな風に成長するに従って解決する悩みがあれば、また新たな悩みが生まれてきたりしているわけですが。笑
紆余曲折ありますが子どもと毎日笑いあえていればOKという方針なので、わたしなりのやり方で幼児期を乗り越えて行きたいです◎

おまけ:夫の魔法の食事の時間

わたしは子どもにごはんを食べさせるのが、はっきり言って苦手です(ーー;)特に自分に余裕がない時など(疲れてる時や寝不足時、生理前など特に!)スムーズに食べてくれなくてイライラしてしまうし、手も床も汚すのが仕方ないとはわかっていても「ヤダなぁ」と思ってしまいます。
ですが、夫は少し工夫するだけで同じものなのに魔法のようにむすめに食べさせられるのです!
すこしケチャップなどをトッピングしたりするのですが、基本は同じものをパパがちょっとアレンジ(パンの上にオカズを乗っけてみるなど)するとむすめも興味を持つのか、食べたい食べたい!となり、たいがいの場合ペロリと平らげてしまうのです。
すごいな〜〜と思います◎
まぁたぶん、パパに食べさせてもらうのがたまにだから良いというのもあると思うのですが。
わたしも普段から、こういう風に工夫してうまくいかないことを乗り越えて行けたら理想的だなと思いました!
ま、現実そんなにうまくいかないわけですが。笑
本日は以上です!