読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

Eテレ「ごちそんぐDJ」冬の新作がすごくいいという話

【スポンサーリンク】

こんばんは、新米ママのtononecoです。今日はこのブログでも何度か取り上げている「ごちそんぐDJ」に関してです!タイトルの通り、この番組の冬の新曲がとってもキャッチーで子どもも大喜びなので、不思議なおみそはんワールドの魅力に触れつつすこしご紹介したいと思います◎

f:id:tononecoweb:20170207153951p:image

http://www.sonymusic.co.jp/artist/DMMG/

今一度!ごちそんぐDJの魅力はこんなとこ

おみそはんが可愛すぎる

f:id:tononecoweb:20170207153737j:image

http://www.sonymusic.co.jp/artist/DMMG/profile/

この番組の曲を作っているおみそはん(DJみそしるとMCごはん、まぎらわしいけど一人)という女の子が、とにかく「良いキャラ」なのです。言ってしまえば「ごちそんぐDJ」の何割かは彼女のキャラクター自体の魅力が占めていると思います。
すこし抜けていて可愛くて、でもセンス抜群な彼女がわたしは大好きです◎この番組のアートワークも彼女が担っているので、おみそはんワールド全開の仕上がりになっています。
2歳のむすめのこの番組が大のお気に入りで、でも「ごちそんぐDJ」とはなかなか言えず「ごぢじーじぇー!みる!」と言ってリクエストが入ります。笑

映像が毎回凝っている&ゲストが豪華

5分番組なのですが、曲自体がだいたいに2分半程度で、後の半分は曲への導入だったり、クイズコーナーにだったり、毎回違ったいろいろなおもしろ映像が流れます。それがいちいち凝っていて見応えがあります。さまざまなゲストが登場するのですが、有名ラッパーの面々だったりサブカル受けしそうな芸人さんだったり時に俳優さんだったりしてそれも楽しいです◎

  • Bose(スチャダラパー)
  • SU(RIP SLYME)
  • 片桐仁(ラーメンズ)
  • やついいちろう(エレキコミック)
  • もう中学生
  • 前野朋哉(俳優、監督)
  • 野宮真貴さん!!!など

マグマピザ

最初に安田大サーカスのクロちゃんが出てきます。迷宮を彷徨うインディ・ジョーンズのような雰囲気です。禁断の「パン・ドラの箱」を見つけるのですが…この辺りのストーリーを娘が熱心に見ています。冒険のドキドキワクワク感が子どもにはたまらないのかもしれません。あとクロちゃんのあのキャラクターですかね◎
わたし的には、何を血迷ったか突然矢野顕子さんのモノマネをするおみそはんがたまりません!それから曲中の「♪赤マグマグマ 白マグマ 黄マグマグマ ドッカンドッカン!」というフレーズもキャッチーで好きです。マリオっぽいビデオ映像も◎

パンプキンぜんざい

これもまず始めに曲への導入として、やついいちろう扮するシンデレラ(この時点で出オチです笑)とおみそはんの魔法使いの掛け合いから始まります。その背景の書き割りがゴッホの「星月夜」なのですが、その雰囲気も手伝って不思議な世界観になっています。むすめはこれにも釘付けです。
曲の方は渋谷系のイメージで作られていて、ギターポップな感じのおみそはんが可愛いです♡どこまでもおみそはんびいきなわたし…。
曲も歌詞もどこまでもポップで、たまに口ずさんでしまうほどです。「♪わたし 煮物じゃイヤなの グラタンも コロッケも〜!」それから「パンプキンぜんざい」なるものを初めて聞いたのですが、なかなか美味しそうで作るのも簡単そうでいい感じです。
そして終盤では渋谷系の代名詞である野宮真貴さんが!!!やっぱり格が違うって感じがしました(ごめん、おみそはん)。スイングが、様になってるってもんじゃなかったです。映像だけど、もはや絵になってました。まさに女王の貫禄!ステキ。渋谷系全盛の時わたしはまだ小学生でしたが、思春期ごろに遡ってどっぷりだった時期があるのでとても憧れの女性アーティストです。

万華鏡チョコ

これは最初におみそはんが小学生女子たちの悩み相談を受けるところから始まるのですが、それがもうぐだぐだで。笑 むすめはこの小学生のお姉ちゃんたちが気になるようでした。
そして曲のビデオではこの小学生女子たちが可愛らしい衣装をまといくるくると万華鏡のごとく踊るのですが、その映像がとってもプリティーです。万華鏡チョコも美味しそうですし。むすめもこれを観ながら「かあいい〜〜」と声を裏返して言っています。
曲もとっても可愛いです!「♪それに お腹が空いても チョコがあるし!」
最近のおみそはんの曲は、昔よりもずっとポップでキャッチーになっていて耳障りもよく聴きやすいです◎口ずさめる感じが、より子ども受けもするなぁと思いました。

泣く子も笑うきりたんぽ

赤鬼を前野朋哉さん、青鬼をおみそはんが演じています。おみそはんの「よ、赤鬼!今日も鬼ってんね!」というセリフからわたしは持っていかれてました。笑
前野朋哉さんという方をあまり知らなかったのですが、この人がすごいいい味を出していて大注目です。「人間と鬼のウィンウィンな関係をめざして悩める赤鬼」という難しい役どころなのですが…。笑
ちょっとレゲエっぽいゆるっとした雰囲気の曲調が、鬼という通常恐ろしい存在の登場キャラクターとギャップがあってちぐはぐで面白い感じに仕上がっています。「♪近頃の赤鬼 ちょっと違う 持ってる金棒が わたしと違う (ちょっとあれちいさいよね〜?)鬼ってないし 笑ってるし」
極め付けは曲中の赤鬼のセリフです。「はい!これ、きりたんぽ!」と言って、なんともいい顔で人間の子供たちに配って行くのですが、おもしろすぎて何度見てもにやにやしてしまいます。
むすめはというと、最近きりたんぽ鍋がお気に入りなのと、怖いもの見たさで鬼という存在が気になっているようで、何度も「おにみる!」というリクエストがはいるきょうこのごろです。

「ごちソングDJ」のCDやDVD

じつは今年に入ってから、むすめがこんなにこの番組が気に入っているならと、DVDを購入しました。けれど、収録されている初期の楽曲がちょっとラップ感が強すぎてすこし覚えずらかったりして、結局むすめは最近の録画されたものを観たがるのでちょっと失敗だったかなと思っています。中には「ティラミス」や「アップルパイ」などむすめのお気に入りもあるのですが、あまり再生していません。

それから3月に新しいCDも発売されるようです。まだ収録内容などの詳細は発表されてませんが、こちらに映像の入ったDVDが付いていれば購入したいなと思います。でも楽曲だけだと掴みが弱そうなので、購入は無いかな〜というところです。

インフォメーション | Sony Music


つまるところ、Eテレで放送されている(週に3回も)ぶんだけで十分楽しめるということです!
というわけで、Eテレ「ごちそんぐDJ」の冬の新作についてのご紹介でした!!なんだこれ?となってしまう人もいると思いますが、ハマる人はハマると思うのでぜひタイミングがあったら観てみてくださいね◎

ごちそんぐDJ - NHK

 

関連記事はこちら↓

www.tononeco.net