読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

帰省即体調悪!で知った、ママがいなくても大丈夫ということ。

【スポンサーリンク】

こんばんは、今日から仕事始めだった新米ママのtononecoです。昨年の話になってしまいますが、年末はむすめを連れて実家で過ごしてきました!
お正月、GW、お盆など何かにつけて実家には足を運んでいます。昨年は地元の秋祭りの時期にも少し帰って、その時むすめの成長にともなって逆に実家滞在が難航化…という記事を書きました。

1歳児を連れての実家滞在がツラかった理由5つ - 新米ママと、ときどきオトン。

今回の帰省では、さらに成長したむすめのおかげ、そしてなにより両親のおかげでまた前回とは違った滞在になったので、それについて書いてみます。

f:id:tononecoweb:20170104162625p:image

写真は近所の広場で出会った子どもたちと、ハプニング的に遊んでもらうむすめの様子

 

年末に帰省!即、体調を崩す

クリスマスあたりから、なんだか喉に違和感が…と思っていたら、ちょうど帰省と同時くらに痛み出してしまいました。
きわめつけで1歳児を連れてひとりで電車に乗って長距離移動したりして、疲れがここで出てしまった感じ。実家到着後徐々に倦怠感や頭痛が出始めて、これはまごうことなき風邪だなと。

ほぼ全面的に両親に頼りきる

両親にも心配してもらって、滞在2日目から朝寝坊させてもらったり、お昼寝させてもらったりしました。その間、むすめの朝の着替えやご飯、お散歩や遊び相手になってもらうなど、両親に甘えきってむすめをお願いすることに。
年末に疲れがどっと出てしまった、とも言えますが、実家に来て安心感から気が緩んだ…とも言えます。とにかく、両親に頼りきりな帰省となりました。
前回帰省時のブログ記事では、両親に対しさんざん文句ばかり書いているのですが、今回はぐうの音も出ません。。(・・;)

うんち時のおむつ交換の壁

でもやっぱり、うんちの時のおむつ替えの時にはお呼びがかかりました!笑 うんちのおむつはやり慣れないと敷居が高いんですかね??

むすめの成長も感じる

むすめもなにかを察してか、じぃじ&ばぁばとよく遊んで、終始こまらせることもありませんでした。普段まだ家でも後追いぎみなところが残っているのに、実家ではそれもほとんどなく。
強いて言えば、寒空の下しきりにばぁばを庭に誘い出しお散歩に付き合わせるなど、子どものあり余る元気で振り回すことに目をつぶれば、とてもいい子にしてくれていました。

こんな感じで、今回の帰省はあまり滞在を満喫できる感じではなかったのですが、おかげでしっかりと休養が取れて体力的にも回復することができました。(調子に乗って今またぶり返して来ているのはまた別のお話。笑)
「まだまだ両親には不安で預けられない」「この子もまだまだわたしがいなくちゃダメ」と思い込んでいましたが、それもあっさりくつがえされました。すこし寂しいですが、むすめの成長と両親のありがたみをあらためて感じた実家滞在となりました。本日は以上です!