読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

2017年カレンダーわたしがおすすめする「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」について

【スポンサーリンク】

こんばんは、新米ママのtononecoです。やっと来年のカレンダーを買いました!わが家はここ2年ほど、ほぼ日の「ホワイトボードカレンダー」を使っていて今回も迷うことなく同じものにしました。とてもおすすめなのでご紹介させてください!!

ほぼ日ホワイトボードカレンダーについて

f:id:tononecoweb:20161212155044j:image

https://www.1101.com/store/calendar/ より

糸井重里さんの「ほぼ日刊糸井新聞」のカレンダーです。ほぼ日手帳はだいぶ有名ですよね!

ホワイトボードカレンダーも人気があり、ロフトではもう何年もカレンダー部門での売り上げ連続1位だそうです。
その名の通り、カレンダーの月ごとの紙、一枚一枚の表面がホワイトボードの素材でできています。ちょっとしたアイデアだと思うのですが、ありそうでなかった商品です◎
磁石のついたホワイトボード用のペンとそれをくっつけて置くための金属のプレート(カレンダー自体にテープでくっつけておく)がセットになって販売されています。
サイズは「フルサイズ」「ミディアム」「卓上」の3種類。さらに公式のオンラインショップわでは無料でペラ1の「おためしカレンダー」が配布されているようです。

愛用者のわたしがおすすめするポイント

f:id:tononecoweb:20161213165912j:image

https://www.1101.com/store/calendar/ より

わたしは「ほぼ日ホワイトボードカレンダー」の「フルサイズ」を愛用しています。いわゆる普通の壁に貼るサイズのものがこれです。ここ数年このカレンダーを使うようになった理由はこんな感じです。

  • 日付が確認しやすい(可読性が高い)
  • シンプルなのに美しいデザイン(カレンダーは無機質なものか、機能性無視のデザイン全面かのものが多いので)
  • 予定を書き込む欄が大きい
  • 予定を書いたり消したりが気安くできる
  • 日々の買い物のメモなどをカレンダーに書けるので、普通のホワイトボードがいらなくなった
  • 数字のデザインに器用されているデザイナーが毎年わたし好み(今年はひびのこづえさん、来年はミナペルホネンの皆川さん)

f:id:tononecoweb:20161213165927j:image

https://www.1101.com/store/calendar/ より

実際使い勝手も良く、これ以外は正直考えられません!

むすめの体調などで少し「あれ?」と思うことがあったり、体温など本当に些細なことでも書いています。必要がなくなればあとで消せばいいだけなので。

機能的なカレンダー(企業名が入ったような)をいただくこともありますが、それは寝室などに置くとして…。メインで使うカレンダーはリビングの結構目立つ位置に貼るので、自分の気に入ったものがいいですしね。

実は一緒に手帳も書いました

あまり手帳の使い方がうまくないのですが、一応毎年年初めには手帳を買っています。こちらは数種類を毎年ジプシーしてしまいます。
今年は「Moleskine(モレスキン)」のマンスリーで、来年の分ははこれのウィークリーにしました。
その前は「ほぼ日手帳」を使ってみたり、もっと前は「Paper blanks」のものだったり…。なかなか定着しません!「来年こそは手帳を使い倒したい!」と毎年思っているのですがσ(^_^;)

というわけで最後少し脱線しましたが、わたしが実際に使ってよかった、胸を張ってお勧めできる「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」のご紹介でした!