読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

実録!復職への道《一時保育利用編》その3~むすめの一時保育デビュー~

【スポンサーリンク】

f:id:tononecoweb:20161003223718p:plain

こんばんは、先日むすめが寝言で「ママァ…」と言っていたのを聞き逃さなかった、新米ママのtononecoです。最高かよ\(^o^)/ さて、今週の月曜日からむすめが初めて一時保育を利用し始めました!

やっぱり初日は大変でした!

1日目は一応「慣らし保育」ということで、朝9時から昼12時までのお預けです。 その日の朝はなんだかとてもいい子で、朝ごはんも良く食べ、ご機嫌に1人遊びもできていました。 そして普段の午前中のお散歩よりも早めの、8時半頃に家を出ました。

「保育園だよ~おともだちがいて先生がいて、一緒に遊べるよ。楽しいよ~」と話しかけながらの道中。途中で「いつものお散歩と何かが違う…」と察したのか、何だか神妙な顔になっていたのが忘れられません(~_~;)

保育園に到着!ばたばたとお別れをしました。

そしていざ!保育園に着いて、いろいろと荷物をお預けしたり登園時間を記入するなどがあり、結構ばたばたでした。 むすめは最初こそおもちゃに興味津々で遊んでいたのですが、すぐに様子が違うことに気付いてバイバイする時にはもう絶叫。 保育士さんに抱っこされながら号泣する娘に後ろ髪をひかれまくる思いで別れました。

一時保育利用時、朝登園してからの流れ

忘れてしまいそうなので、一時保育利用時の朝登園してからの作業をメモ

  • 登園時間などを記入した書類に印鑑を押して提出
  • 簡易ロッカーに、おむつセットや汚れものを入れるビニールなどを全てセット
  • 水場のところにお手拭きようタオルを、ごはん・おやつ用のおしぼり用タオルをそれぞれセット
  • 登園セットが入ったカバンや抱っこ紐(エルゴ)をロッカーについた引き出しに収納

はじめて一時保育を利用したわたし(ママ)の心境

建物の外へ出ても聞こえてくる、わが子の絶叫にひるみながら、保育園を後にしました。 むすめは「ギャヒーーーーー!」ですが、わたしも負けじと「うひゃーーーーーー!」という感じで逃げるような気持ちでした。

むすめと別れてから10分後には、もう迎えに行きたい…と心底思っていました。

初日は半日ということもあり、わたしは仕事は入れていませんでした。タイミング良く(?)前の週に奥歯の銀の詰め物が取れてしまったので、歯医者に行くことに。隣町の歯医者なのですがそこへ向かう道中、やはりむすめのことが頭から離れません。
「大丈夫かなぁ」
「いや大丈夫じゃないよな」
「でも優しそうな保育士さんだったし…」
「うん保育のプロを信頼しよう…」
などなどひとりごとのオンパレード。たまらなくて実家の母に電話して、不安のおすそわけをしたり…。(迷惑!) かなり険しい顔をしていたんじゃないかと自分でも思います。

けれど歯医者さんに着いて、取れた詰め物を元どおり直してもらい、久しぶりにクリーニングしてもらいってすっきり(^ν^)☆自然と胸のもやもやも薄らいでいきました。けっこうあっさり??
こんな感じで徐々にわたしも気分の切り替えをして、すこし開放感すら覚えていました。ひとりって身軽♪

あっという間にお迎えの時間

そしてあっという間に12時、お迎えの時間です!むすめはどんな感じかな?!ドキドキ…

一時保育のお会計と料金システム

お迎えの際は、まず保育園の事務所に寄ってお会計を済ませてから。
わたしの住んでいる地域では、一時保育では利用料はその都度お迎えの際に支払うシステムです。
ちなみにこの日は半日(4時間まで)の利用で1,500円でした。細かく言うと今日は8時53分の登園でしたので、12時53分までにお迎えに行けばこの料金内で利用できました。が、今日は初日ということで12時にお迎えというお約束だったのです。 通常は1日2,500円で、時間は8時半から17時まで。遅くとも9時までには登園して、17時までにお迎えにいかなければなりません。

いざお迎えに行くと…

さて、お会計を済ませて一時保育利用の子たちがいるお部屋へ…と、その前に廊下で保育士さんにおぶさってねんねしているわが子が!
いつも午前中に昼寝をする子なのでどうなるかなとは思っていましたが、こんな変な時間にやっぱり眠くなっちゃったようです(゚o゚;;

けれど荷物など取りにお部屋へ行き、「ママだよ~」と保育士さんがおんぶしていたむすめを降ろすと、すぐに目覚め「ママ!!!」と駆け寄ってきました。むすめを抱きしめながら顔を確認し、「よかった…そんなに目も腫れてない。。」とホッとしました。
以前わたしが美容室か何かで外出した際、夫に3時間ほどみてもらっていたのですが、ご機嫌ななめだったらしくわたしが帰るまでにたくさん泣いてしまって目がものすごく腫れてしまっていたことがあるのです。あの時に比べると、少し涙の跡はありましたが全然マシでした。
「頑張ったね~楽しく遊べたかな~?」とたくさんいい子いい子してあげました◎

保育士さんが園での様子を細かく教えてくださいました

まず、朝わたしと別れた登園直後はしばらく泣いてしまいましたが、いろいろおもちゃで遊べたり、外の景色に興味を持ったり、保育園の年長さん太鼓を見に行ったりと、泣いていない時間もたくさんあったということでした。 たまに思い出したように「ママ~」とぐずってしまうことがあるようでしたが、お昼も半分くらい食べて、絵本の中のわんわんを保育士さんに教えたりと、わたしが思っていたよりは楽しく過ごせていたようです。

あとこの日は運悪く雨模様でお散歩へ行けなかったようですが、また外へ出られれば気分も変わると思うので、どうか2日目は晴れますように…と思いました。

無事一時保育デビューを飾ることができました

なにはともあれ、はじめての一時保育デビュー。むすめもびっくりしたと思いますが、がんばりました! どこかに預けること自体が初めてなので、どうなることかと思いましたが、なんとかこの先もやって行けるんじゃないかな?!というところです。
おウチに帰ってきてからは、ママとおもいきりもうひと遊びして、ぐっすりと長めのお昼寝をしました。疲れたんだね~(´-`)

そして気付いたのは、お昼寝から目覚めた後の遊びや夕飯の時に、わたしがいつもよりも優しく接してあげられていること。いつも夕飯は一日の育児で疲れていて、内心「早く食べてよ〜〜」とだいたいイライラしながらだったのですが、いつもよりもむすめの遊び食べにも広い心で付き合ってあげることができました。
同じくパパも、普段よりむすめの相手をしてあげる時間が長かったような……。
娘に対する、今日はよくがんばったね、という気持ちとちょっとの罪悪感。
たった3時間預けただけでしたが、こんなにもわたしたちの内面に変化があるだなんてびっくりです。

まとめとしては

  • 初日のお別れの時はママも子どももやばい!
  • けれど保育士さんにおまかせしてなんとか楽しく(?)遊べた模様
  • 親も予定があればわりとあっさり気持ちの切り替えができる
  • お迎えの時もがんばったわが子に対し感慨深い気持ちに
  • 帰ってきた後いつもより優しく接することができた

以上、一時保育デビューの記録です!初日だけでこんなに細かく書くつもりは無かったのですが、興奮もありこのボリュームになってしまいました。また2日目も記事にする予定ですので、おひまであればお付き合いください(^ν^)長文失礼いたしました!

 

「実録!復職への道《一時保育利用編》」今までの軌跡はこちらです^^

www.tononeco.net