読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新米ママと、ときどきオトン。

未年うまれのむすめを育てる新米ママと、その夫がときどき登場する子育てブログです。

【出産準備】真冬に出産したわたしがおすすめする育児に役立つ防寒グッズ7つ

【スポンサーリンク】

f:id:tononecoweb:20160905224220j:plain

こんばんは、新米ママのtononecoです。わたしは冬まっただ中の1月に出産を経験しました。妊娠中から産後の産じょく期も気になる身体の冷え。特にわたし自身冷え性ですし、産まれたての赤ちゃんも寒い思いをさせたくない!と真冬の出産がとても心配でした。
今回は実際わたしが「助かった〜」と思った育児に使える防寒グッズをご紹介します◎

妊娠中から大活躍!

腹巻き

特に冷やしたくないお腹を包んでくれる腹巻は、妊婦さんの定番アイテムでしょうか。わたしにとっては出産後も手放せないアイテムになりました。
授乳でおっぱいをぺろっと出さなければいけない時に、腹巻があるのとないのでは雲泥の差です。

また、特に安静にしていたい産褥期、身体を冷えから守るアイテムとしても重宝しました。

メディキュット(着圧ソックス)

これも妊娠中から利用しているひとも多いかもしれません。

むくみがちな妊娠期の脚の血流をよくしてくれる靴下ですが、同時に下半身を冷やさない効果もあるので一石二鳥でした。
昼間用と夜用両方所有していてどちらも活躍してくれましたが、特に夜用はニーハイソックス程の長さなので本当に暖かく助かりました。1枚しか持っていなかったのですが、使用頻度を考えるともう1枚買っていても全然よかったなと思います。

沐浴の時も、赤ちゃんを寒いお風呂に連れて行かなくていい!

ベビーバス

赤ちゃんの沐浴も毎日の日課になりますが、このベビーバスを利用すると、キッチンで一連の流れを済ませることができます。暖かい部屋の中で完結させることができるので、寒い脱衣所で赤ちゃんの服を脱がせ、沐浴後も大急ぎで廊下を通ってお部屋へ…などのドタバタも無用です。赤ちゃんに寒い思いをさせずに済むことは、慣れない育児にすこしでも余裕生むポイントなります。
また、役割を終えた後は、フットバスに利用するなどの二次利用もできますね
わたしが購入したこのタイプのフットバスは、ビニールで膨らませるものなので、保管時にスペースを取る心配もありません。有名な商品のようで、赤ちゃん用品のお店なら比較的いろいろなところで見かけました。

夜の授乳は体にこたえます…。

授乳服

夜、寒い中やっと赤ちゃんと眠りについても、2、3時間に一度必ずやってくる授乳タイム。特にうちの子は時間に正確だったので一晩に何度も授乳する事になりました。
その度お布団から起き上がり、赤ちゃんを抱え授乳するのですが、せめてと思って掛け布団は赤ちゃんに掛けてあげるので、ママは寒いまま。さらに服をはだけておっぱいを出さなければいけません。
たまりかねたわたしは、夜のパジャマを兼ねて購入を見送っていた授乳服をやっと購入しました。その威力たるや…!!背中、お腹周りを出さなくていいとこんなにも体感温度が変わるのだなと感激しました。
また腹巻も併用することで、さらに防寒効果アップ!でした。

話が少しそれてしまいますが、わたしがとても気に入っている授乳服があります。
もはや授乳関係なく、通年使える大のお気に入りで、色違いで購入してしまいました。ミュージシャンでデザイナーのMEGの授乳服なのですが、こちらについては、また後日ブログにしたいと思います。^^

追記、MEGの「授乳服にもなるワンピ」についての記事をアップしました^^よければ見てみてください。

デロンギ「オイルヒーター」

実は一番おすすめしたい、冬時期出産のおすすめグッズはこれなのです!!
お高いですが。なかなか手が出しづらいと思いますが…!
わが家では幸運なことに、義実家からの出産祝いとしてこれをいただきました。高価なものなので自分たちでは購入を検討したこともなかったのですが、実際使ってみて…これは、手放せません!!!
冬の寝室は寒いのですが、やはりエアコンをつけっぱなしにすると、暖かいけれどどうしても乾燥感がすごいことに。加湿器の利用にも限界がありました。
それにひきかえオイルヒーターの、ふんわりとしてやさしい、乾燥感も気にならない快適な確かな暖かさ…。

それだけで、夜間の授乳が格段に楽になりました。

もちろん物理的には慣れない新生児育児で身体はぼろぼろだし眠いし…という状況には変わりないのですが、「夜中目覚めてもふんわり暖かい」というのが精神的にとても余裕を生んでくれたのです。
ちなみに、とても心地よい暖かさですが、寝室に入る1時間ほど前からスイッチを入れておく(急激には暖まらないので)など、コツがあったりしますが、便利なタイマー機能も付いていますし、また乾燥感もまったく無いわけではないのですが、エアコンに比べたらほとんど気にならないようなレベルです。
総じて、これは本当にいいものをもらったなとしみじみ義両親に感謝するアイテムです。しかも忘れてならないのは、育児に関係なく、今後冬時期には大変活躍してくれるアイテムですよね。

寒空の下赤ちゃんを連れてのおでかけも暖かく

防寒用ベビーケープ

出産後しばらくして経つと、毎日のお買い物にスーパーへ行くなど、赤ちゃんを連れてお出かけする機会も出てくると思います。そんなときに重宝したのが「防寒用ベビーケープ」でした。抱っこ紐に赤ちゃんを入れ、コートを羽織り抱っこ紐の上からカバーするような感じで使用するものです。またベビーカーでも赤ちゃんをのせた状態でお布団をかけるようにカバーして寒さを防いでくれます。

手持ちのコートやベビーカーに手軽にクリップで止めるだけなので使いまわせてとても便利でした。

だいたいフードが付いていて頭から足先まですっぽりカバーしてくれるので安心です。
今のところ1年目の冬、2年目の冬と大活躍のアイテムです!

実はわたしは「ダッカー(ベビーケープ)付きママコート」という商品を購入したのですが、通販だったので実際届いた本体のコートの方は気に入らず、結局ベビーケープのみ使用している、という状態です。^^;こんなことなら最初からベビーケープのみを購入していたほうがやすくあがっただろうしよかったのに…と後悔しています。。

夜寝ている間掛け布団がはだけてしまっても安心です

ベビー用スリーパー(着る布団)

赤ちゃんも新生児期を過ぎると、徐々に脚力がついてきて、うちの子などは生後2、3ヶ月ごろには掛け布団を蹴っ飛ばしてしまっていました。まだまだ夜冷える時期だったので、何かいい手はないかと思いネットで見つけたのがこれでした。

本当に思いの外布団がはだけてしまうので、これがあると安心感が全然違いました。特にこの商品はガーゼが6重になっているということで、冬は暖かく、夏も蒸れること無く使用できます。実際季節問わず、通年通して使用できます。デザインも可愛くてとても気に入っていたので、この商品を出産祝いで友人にプレゼントしたこともあるのですが、その友人はベビーカーでのお出かけの際にも使用しているということでいした。出産直後には使わないかもしれませんが、しばらくたってから、長く使用できるアイテムです◎

以上、思い出しながら実体験をもとにしたおすすめアイテムをまとめてみました。
もしもこれから冬の時期に出産予定で、そろそろ育児グッズを検討するという方がいたら、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

こちらは冬生まれの赤ちゃんのための基本のベビー服についての記事です。